トップページ >ブラジル出身の有名人

このサイトに登録されている実業家で有名人の数:9,295人
このサイトに登録されている「ブラジル」出身の有名人実業家の数:10:人



スポンサーリンク


ブラジルの出身者
 1  ジョアン・アヴェランジェWikipedia
ジョアン・アヴェランジェ(João Havelange)ことジャン=マリー・フォスタン・ゴドフロワ・ド・アヴェランジェ博士(Dr. Jean-Marie Faustin Goedefroid de Havelange, 1916年5月8日 - 2016年8月16日)は、ブラジル・リオデジャネイロ出身の人物。スタンリー・ラウスの後任として国際サッカー連盟(FIFA)の第7代会長を1974年から1998年まで務め、ゼップ・ブラッターを後任とした。また国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーでもあった。
 2  猪木快守Wikipedia
猪木 快守(いのき よしもり、1938年8月6日 - 2011年3月23日)は、日本の実業家、政治活動家(初代[2]・第4代[3]スポーツ平和党代表)、テノール歌手(芸名:パブロ猪木)。
 3  カルロス・ゴーンWikipedia
カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)にして、日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長。またルノーと日産は、2010以降全世界自動車市場の約10%のシェアを保っているが[2][3]、ゴーンは両社の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務する。
 4  ワシントン・ステカネロ・セルケイラWikipedia
ワシントン・ステカネラ・セルケイラ(Washington Stecanela Cerqueira、1975年4月1日 - )は、ブラジル・連邦直轄区ブラジリア出身の元同国代表の元サッカー選手、政治家。現役時代のポジションはフォワード。
 5  瀬間仲ノルベルトWikipedia
瀬間仲ノルベルト(せまなかノルベルト、本名:ノルベルト・セマナカ・ダ・ホッシャ〈Norbert Semanaka da Rocha〉、1984年5月31日 - )は、ブラジルのサンパウロ州トゥパン出身の元プロ野球選手(内野手)。左投げ左打ち。2005年の登録名はホッシャ。
 6  ペドロ・ディニスWikipedia
ペドロ・ディニス(Pedro Paulo Falleiros dos Santos Diniz, 1970年5月22日 - )は、ブラジル出身の元F1ドライバー。サンパウロ出身。
 7  アビーリオ・ディニスWikipedia
アビーリオ・ドス・サントス・ディニス(Abílio dos Santos Diniz, 1936年12月28日 - )は、ブラジルの実業家である。サンパウロ市出身。
 8  ボブ・ファルケンバーグWikipedia
ボブ・ファルケンバーグ(Bob Falkenburg, 1926年1月29日 - )は、アメリカ・ニューヨーク出身の男子テニス選手。1948年のウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者で、4大大会の男子ダブルスでも1944年全米選手権と1947年ウィンブルドン選手権で2勝を挙げた。彼は後にブラジル人女性と結婚し、ブラジルへの帰化市民となった後に、男子テニス国別対抗戦・デビスカップにブラジル代表選手として出場した。右利きの選手。
 9  星名謙一郎Wikipedia
星名 謙一郎(ほしな けんいちろう、慶応2年10月10日(1866年11月16日) - 1926年(大正15年)12月13日)は戦前の日本人移民。伊予吉田藩出身。東京英和学校を卒業後、ハワイでキリスト教伝道、コーヒー栽培等を行った。テキサスで米作に失敗した後、ブラジルで再起し、邦字新聞『南米』を創刊、バイベン植民地・ブレジョン植民地を開発し、日本人移民の先駆者の一人となったが、周囲とトラブルが絶えず、元使用人に暗殺された。
 10  水本光任Wikipedia
水本 光任(みずもと みつと、Mituto Mizumoto、1914年12月30日 - 1991年11月16日)は、ブラジルの新聞経営者。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)