トップページ >シンガポール出身の有名人

このサイトに登録されている実業家で有名人の数:9,295人
このサイトに登録されている「シンガポール」出身の有名人実業家の数:10:人



スポンサーリンク


シンガポールの出身者
 1  胡暁子Wikipedia
胡暁子(おう あきこ、1927年(昭和2年) - 2011年(平成23年) 10月31日)は、タイガーバームを率いる胡一虎夫人。実業家、慈善事業家で、シンガポール赤十字副総裁などを歴任している。
 2  クー・テクバWikipedia
クー・テクバ(英語:Tan Sri Khoo Teck Puat;中国語:邱德拔、1917年1月13日 - 2004年2月21日)は、マレーシア、オーストラリア、シンガポールの実業家。マレーシアのメイバンクの創業者であり、シンガポールのグッドウッド・パーク・ホテルの所有者であった。
 3  陳嘉庚Wikipedia
陳 嘉庚(タン カーキー)は、中国・英領マラヤの実業家・政治家。1874年に福建省泉州府同安県に生まれ、1891年にシンガポールへ移住。1909年に本格参入したマレー半島におけるゴム業で財をなし、南洋華僑の巨頭として胡文虎と並び称された。1911年の辛亥革命では福建革命軍政府を支援しシンガポールの福建省出身華人の代表的存在として知られるようになった。教育事業にも注力し、郷里の福建省に1912年以降集美学校、1923年に廈門大学を創設するなどした。世界恐慌によるゴム業の衰退を受けて祖国(中国)救援運動に傾斜し、1938年10月に結成された南洋華僑籌賑祖国難民総会(NCRGA、南僑総会)の主席として国民政府を支援した。政治的には無党無派を旨としたが、1940年以降国民政府への批判・民主化要求を強め、革新的主張から戦後の華人社会からは疎外されて、1949年に中国へ帰郷。その後は郷里である福建省・アモイの開発事業や教育・福利施設の運営に注力した。
 4  蔡和安Wikipedia
蔡和安(英語:Chua Ho Ann 日本語読み:チュア ホーアン、生年不詳-1976年11月7日)は、シンガポールの実業家・慈善家にして、シンガポール最大の私会党(中国語版)の関係者。若くして福建省漳浦県からシンガポールへ渡り、クルマエビの養殖や炭焼きなどの事業に成功して西海岸(英語版)の有力者となる。1942年2月からの日本軍による占領期間中は、波機関、茨木機関などの日本の特務機関に協力して慈善団体「黒十字会」を組織し、米などの密貿易に携わって利益を得る一方で、秘かにプロテスタント教会や博物館・植物園への資金援助を行っていたとされる。戦後は林有福(英語版)とシンガポール連盟党(英語版)(SAP)を支援し、1959年の選挙で人民行動党(PAP)運動員への暴行事件を指揮したとしてリー・クアンユーによって逮捕・投獄され、その釈放を巡るリーとラーマンの対立は1965年のシンガポールの分離独立の一因となった。直情型で、自分を頼って来る困っている人には誰にでも救いの手を差し伸べる義理堅い性格の人物として知られた。
 5  ウン・テンフォンWikipedia
ウン・テンフォン(英語: Ng Teng Fong、中国語: 黃廷方、1928年 – 2010年2月2日)は、シンガポールの不動産実業家。日本語ではンー・テンフォンとも表記される。
 6  与沢翼Wikipedia
与沢 翼(よざわ つばさ、1982年(昭和57年)11月11日 - )は、日本の実業家、投資家。ドバイ在住[3]。早稲田大学社会科学部卒業。ネオヒルズ族を自称していた[4]。株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings、株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス[4][5]、株式会社All of me(オールオブミー)代表取締役社長[6]。
 7  S・R・ナザンWikipedia
セッラパン・ラーマナータン(英語: Sellapan Ramanathan、タミル語: செல்லப்பன் ராமநாதன்、1924年7月3日 - 2016年8月22日)は、シンガポールの政治家、外交官、公務員、企業家。第6代同国大統領[2]。駐米大使を経て1999年から2011年まで12年間大統領を務めた。
 8  リー・センウィーWikipedia
リー・センウィー(李成偉、1930年4月4日 - 2015年8月7日)は、シンガポールの実業家。シンガポールで第三番目の規模の銀行といわれるオーバーシー・チャイニーズ銀行の元会長。
 9  リー・シェンヤンWikipedia
リー・シェンヤン(Lee Hsien Yang、李显扬、李顯揚、1957年 - )は、シンガポール初代首相のリー・クアンユーの次男、同首相のリー・シェンロンの弟。シンガポール証券取引所上場企業のフライザー・アンド・ニーヴ社外取締役兼会長、シンガポール民間航空庁の顧問。
 10  林文慶Wikipedia
林 文慶(英語: Lim Boon Keng、日本語読み:りんぶんけい、1869年-1957年1月2日)は、シンガポールの医師、実業家、教育・社会運動家。英国で医学を学び、帰国して医師開業。錫鉱山やゴム園の経営にも参加し、華僑の銀行・保険業経営の先駆者となった。1895年から20年にわたり立法委員を務め、辮髪廃止や外貨排斥などの政治運動に関与。熱心な儒教の信奉者として教育等の公益事業に注力し、1899年には中華女子学校(英語版)の創設に関与、1922年から16年間廈門大学の学長を務めた。通称「和平老人」。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)