トップページ >インド出身の有名人

このサイトに登録されている実業家で有名人の数:9,295人
このサイトに登録されている「インド」出身の有名人実業家の数:22:人



スポンサーリンク


インドの出身者
 1  アーガー・ハーン4世Wikipedia
カリム・アーガー・ハーン4世(Kharimn Agha Khan IV、1936年12月13日 - )は、イスラム教イスマーイール派の分派ニザール派のイマームで政治家、実業家。
 2  ムケシュ・アンバニWikipedia
ムケーシュ・アンバーニー(英語:Mukesh Ambani, ヒンディー語:मुकेश अंबानी, 1957年4月19日 -)は、インドの実業家。フォーブス誌による世界長者番付の2008年度版で第5番目の長者である(430億ドル)。インド最大の民間企業であるリライアンス・インダストリーズの会長であり、筆頭株主(48%)でもある。
 3  ビノッド・コースラWikipedia
ビノッド・コースラ(ヒンディー語: विनोद खोसला, 英語: Vinod Khosla, 1955年1月28日 - )は、インド・プネー生まれのベンチャーキャピタリスト。米サン・マイクロシステムズ社の共同設立者の一人である。
 4  スハス・ゴピナWikipedia
スハス・ゴピナ(Suhas Gopinath、1986年11月4日 -[2])は、インドの起業家である。カルナータカ州バンガロールで生まれ、14歳のときに、本を参考にしながら一人でウェブサイト(www.coolhindustan.com)を作成し、同年2000年にGlobals Incを立ち上げる。[3]17歳で同社のCEOとなり[4] 、当時、世界最年少のCEOとして認識されていた。[3][5]
 5  デイヴィッド・サスーンWikipedia
デイヴィッド・サスーン(英: David Sassoon、1792年10月 - 1864年11月7日)は、インドを拠点に活動したユダヤ人の商人。バグダード出身。
 6  アヌープ・シンWikipedia
アヌープ・シン (Anoop Singh) は、インドの経営者。2008年11月より国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局長を務めていた。2013年12月26日に退任。後任は李昌鏞。
 7  タイガー・ジェット・シンWikipedia
タイガー・ジェット・シン(Tiger Jeet Singh、本名:Jagjit Singh Hans、1944年4月3日 - )は、インド・パンジャーブ州ルディヤーナー出身のプロレスラー、実業家。スペリングの通り、より原音に近いリングネームの表記はタイガー・ジート・シン。シク教徒。
 8  ヴィジェイパット・シンハニアWikipedia
ヴィジェイパット・シンハニア(Vijaypat Singhania、1938年10月4日 - )はインドの繊維品会社、レイモンド・グループの社長でアマチュア飛行家である。2005年11月26日、67歳で69,000フィート(21,000 m )の熱気球の高度飛行の世界記録を樹立した。2005年12月19日から2006年12月18日の間ムンバイの 州長官 (sheriff)であった。
 9  サンジーヴ・スィンハWikipedia
サンジーヴ・スィンハ(Sanjeev Sinha、1973年 - )は、インド・ラージャスターン州生まれの実業家、くにうみアセットマネジメント株式会社執行役員マネージング・ディレクター、IJIPアセット・マネジメント株式会社代表取締役社長である。インド工科大学(IIT)同窓会日本代表、国際大学客員非常勤講師、京都大学顧問、ジャパン・スポットライト(英語版)(国際経済交流財団)編集委員、世界リスク管理専門家協会(Global Association of Risk Professionals)日本代表を兼任する。
 10  ジャハンギール・ラタンジ・ダーダーバーイ・タタWikipedia
ジャハンギール・ラタンジ・ダーダーバーイ・タタ(Jehangir Ratanji Dadabhoy Tata、1904年7月29日 - 1993年11月29日)はインドの実業家。インドの財閥のひとつであるタタ・グループの経営者で、エア・インディアの前身タタ航空の設立者。
 11  ジャムシェトジー・タタWikipedia
ジャムシェトジー・ヌッセルヴァーンジー・タタ(Jamshetji Nusserwanji Tata、1839年3月3日 - 1904年5月19日)は、インドの実業家であり、同国最大の財閥であるタタ・グループの創始者。
 12  ラタン・タタWikipedia
ラタン・タタ(Ratan Naval Tata, 1937年12月28日 - )は、インドの実業家、同国最大の企業グループであるタタ・グループの会長。また、ラタンは、タタ・スチール、タタ・モーターズ、タタ・コンサルタンシー・サービシズ、タージ・ホテルズ・リゾーツ&パレスなど、タタ・グループ主要企業でも社長・会長を務めている。
 13  チャダWikipedia
チャダ(Chadha、本名:サラブジット・シング・チャダ、ローマ字:Sarbjit Singh Chadha、1952年6月17日 - )は、日本で活動するインド人演歌歌手。実業家。
 14  G. M. ナイルWikipedia
G.M.ナイル(ゴパーレン・マダワン・ナイル、1944年8月6日 - )は、日本の実業家、タレント。東京農業大学非常勤講師。
 15  サティア・ナデラWikipedia
サティア・ナデラ(英語: Satya Nadella、 1967年8月19日 - )はアメリカ合衆国コンピューター・ソフトウェア大手企業マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)、同社クラウド&エンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデントを担当し、Bing、Xbox、Microsoft Officeの最高責任者である。
 16  アジム・プレムジWikipedia
アズィーム・ハーシム・プレームジー(Azim Hashim Premji / عظیم حاشم پریمجی / अज़ीम हाशिम प्रेमजी、1945年7月24日 - )はインドのバンガロールに本社をかまえる世界で最も大きなソフトウェア会社の一つウィプロ・テクノロジーのCEO兼会長。フォーブスによれば1999年から2005年までインド一の資産家であったが、2012年現在は、インドで3番目、世界で41番目の資産家である。
 17  ビジェイ・マリヤWikipedia
ビジェイ・マリヤ (英語:Dr. Vijay Mallya、コンカニ語:vîjãï måällîà / ವಿಜಯ ಮಲ್ಯ, 1955年12月18日 - )はインドの実業家でありラージヤ・サバーの議員である。 ユナイテッド・ブリュワリーズ・グループの会長でキングフィッシャー航空の創業者である。また、F1チームであるフォース・インディアチームの共同チームオーナー。父親は、インドの実業家ヴィタッル・マリヤ(Vittal Mallya)。
 18  ラクシュミー・ミッタルWikipedia
ラクシュミー・ニワース・ミッタル(लक्ष्मी निवास मित्तल, Lakshmi Niwas Mittal、1950年6月15日 - )はインドの資産家。ミッタル・スチールのCEO。
 19  マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーWikipedia
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー(महर्षि महेश योगी, Maharishi Mahesh Yogi)、本名マヘーシュ・プラサード・ヴァルマー(महेश प्रसाद वर्मा, Mahesh Prasad Varma ,1918年1月12日[2] - 2008年2月5日)は、ヒンドゥー教に由来する超越瞑想(トランセンデンタル・メディテーション、TM)[3]とその普及を行う諸団体の創立者で、ニューエイジ・ムーブメントの一翼をになった[4] ヤジュル・ヴェーダ サーマ・ヴェーダ アタルヴァ・ヴェーダ (アーラニヤカ) (ウパニシャッド)


インドネシアの出身者
 20  テディ・イップWikipedia
テディ・イップ(セオドール・"テディ"・イップ、Theodore "Teddy" Yip、中国語名:葉徳利、1907年6月2日 - 2003年7月11日)は、インドネシア(生誕当時はオランダ領であった)生まれの東南アジア有数の大富豪で実業家、フォーミュラ1チームのオーナーでレーシングドライバーでもある。国籍はオランダとインドネシアの両方を持っていた。
 21  モハマッド・ユスフ・カラWikipedia
モハマッド・ユスフ・カラ (Muhammad Jusuf Kalla, 1942年5月15日 - ) は、インドネシアの政治家、実業家である。
 22  ラフマット・ゴーベルWikipedia
ラフマット・ゴーベル(らふまっと ごーべる、尼:Rahmat Gobel、1962年9月3日 - )は、インドネシアの企業経営者、ジョコ・ウィドド政権の貿易相。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)