トップページ >イギリス出身の有名人

このサイトに登録されている実業家で有名人の数:9,295人
このサイトに登録されている「イギリス」出身の有名人実業家の数:153:人



スポンサーリンク


イギリスの出身者
 1  ジョン・スミス (醸造家)Wikipedia
ジョン・スミス(John Smith、1824年3月18日 - 1879年9月9日)は、イングランドの醸造家。ノース・ヨークシャー州タドカスター(英語版)に現在も存続しているジョン・スミス・ブルワリー(英語版)の経営者として最もよく知られている。
 2  カール・スリムWikipedia
カール・スリム(Karl Slym、1962年2月9日 - 2014年1月26日)はイギリスの実業家。タタ・モーターズ社長。
 3  ピーター・セージWikipedia
ピーター・セージ(英: Peter Sage、1972年6月13日 - )は、イギリスのレスター生まれの起業家、講演家。20社以上の企業を起こしたことで知られる。
 4  マーティン・ソレルWikipedia
マーティン・ソレル(英: Sir Martin Sorrell、1945年2月14日- )はイギリスの実業家。世界有数の広告代理店であるWPPグループの創業者であり、CEOを務める。
 5  ウィリアム・ダーウィンWikipedia
ウィリアム・エラズマス・ダーウィン(William Erasmus Darwin 1839年12月27日-1914年9月8日)はチャールズ・ダーウィンとエマの最初の子供で、幼い頃に父親によって発達心理学的研究の対象となった。
 6  トマス・ターナー (日記作家)Wikipedia
トマス・ターナー(Thomas Turner、1729年6月9日(ユリウス暦)- 1793年2月6日)は、イングランド南部サセックス(後のイースト・サセックス州)イースト・ホースリー(英語版)の商店主。今日では、その書き残した日記によって広く知られている。
 7  エドワード・スタンリー (第18代ダービー伯爵)Wikipedia
第18代ダービー伯爵、エドワード・ジョン・スタンリー(英語: Edward John Stanley, 18th Earl of Derby, MC、1918年4月21日 - 1994年11月28日)は、イギリスの貴族、地主、実業家、政治家、軍人。
 8  ハンフリー・チェサムWikipedia
ハンフリー・チェサム(Sir Humphrey Chetham 、1580年7月10日 - 1653年) は、イングランドの商人、チェサムズ病院や英語圏でもっとも古い公共図書館チェサムズ図書館の創設者。
 9  ロバート・チェンバースWikipedia
ロバート・チェンバース(Robert Chambers、1802年7月10日 - 1871年3月17日)は、スコットランドの出版業者であり、エディンバラ王立協会とロンドン地質学会に所属していた地質学者であり、法学博士、進化論の考察者であり、兄でビジネスパートナーであったウィリアム・チェンバースと共にW&R チェンバース出版社の創業者であり、雑誌編集者であり、作家でもある。
 10  ウィリアム・チェンバース (出版業者)Wikipedia
ウィリアム・チェンバース(William Chambers、もしくはグレノーミストンのウィリアム・チェンバース William Chambers of Glenormiston 、1800年5月16日 – 1883年5月20日 )は、スコットランドの出版業者であり、政治家であり、エディンバラの市長だった人物である。弟は科学者のロバート・チェンバースである。弟ロバートと共に、チェンバース・ハラップ社の創業者である。兄弟は19世紀半ばの科学と政治の世界の両方に影響を及ぼした存在である。
 11  利用者:Omaemona1982/下書き10Wikipedia
アーサー・ネヴィル・チェンバレン(Arthur Neville Chamberlain, FRS、1869年3月18日 - 1940年11月9日)は、イギリスの政治家。
 12  ネヴィル・チェンバレンWikipedia
アーサー・ネヴィル・チェンバレン (英語: Arthur Neville Chamberlain 1869年3月18日 - 1940年11月9日) は、イギリスの政治家。首相(在任:1937年5月28日 - 1940年5月10日)。
 13  エド・チャイナWikipedia
(Edward John "Edd" China、1971年5月9日- )、通称エド・チャイナは、英国のテレビ出演者、メカニック、投資家で、ディスカバリーチャンネル制作のテレビ番組『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』のメカニックとしても知られている。
 14  ジョン・ディキンソン (発明家)Wikipedia
ジョン・ディキンソン(John Dickinson, 1782年3月29日 - 1869年1月11日)は、連続で紙を漉く機構を発明したイングランドの発明家、実業家。ハートフォードシャーのアプスリーとナッシュビルズに製紙工場を建設し、ジョン・ディキンソン文房具社を設立した。ディキンソンがナッシュミルズの丘の中腹に建てた家は、後にアボットヒル学園の校舎として使用された。
 15  デビッド・テイラー (エグゼクティブ)Wikipedia
デビッド・テイラー(David Taylor、1954年3月14日 - 2014年6月24日)はスコットランドの実業家、元欧州サッカー連盟事務局長、UEFAイベンツSA最高経営責任者。
 16  ケン・ティレルWikipedia
ロバート・ケネス「ケン」ティレル(Robert Kenneth "Ken" Tyrrell、1924年5月3日 - 2001年8月25日)は、イギリスの元レーシングドライバーで、F1コンストラクター・ティレルのオーナー。ニックネームは「アンクル・ケン(ケンおじさん)」。
 17  ロン・デニスWikipedia
ロン・デニス(Sir Ron Dennis CBE, 1947年6月1日- )は、マクラーレン・グループの元CEOであり、イギリスのF1コンストラクター、マクラーレン・レーシングの総帥でもあった。完璧主義で知られる。
 18  ヤン・デュ・プレシスWikipedia
ヤン・デュ・プレシス(Jan Petrus du Plessis、1954年1月22日 - )は、鉱山業グループのリオ・ティントの会長であり、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの取締役会の非常勤会長、ロイズTSBグループ[2]の非常勤取締役などを兼任している。 彼は、英国ビジネス界で最も影響力のある人々とされる、タイムズ紙の2006年の「パワー 100」の10位に選ばれている。[3][4]
 19  アルフレッド・デントWikipedia
サー・アルフレッド・デント(Sir Alfred Dent, KCMG、1844年12月12日 - 1927年11月23日)は、イギリスの植民地商人、事業家。北ボルネオ会社の共同創設者のひとり[2]。
 20  サイモン・ドゥーランWikipedia
サイモン・ドゥーラン(Simon Dolan, 1969年5月20日 - )は、イギリスの実業家で起業家。
 21  ウィリアム・ドゥーズベリWikipedia
ウィリアム・ドゥーズベリ(英: William Duesbury、1725年 - 1786年)は、18世紀の有名な琺瑯職人、イギリスの起業家。ロイヤルクラウンダービーの創始者であり、ボウ(英語版)、チェルシー, ダービー、ロングトン・ホールで磁器工房を所有していた。
 22  クリストファー・ドウソンWikipedia
クリストファー・ドウソン(Christopher Dawson、1953年9月19日 - )は、イギリスの実業家。Clearspring代表取締役。ニュージーランド出身。
 23  トーマス・ドルビーWikipedia
トーマス・ドルビー(Thomas Dolby、1958年10月14日 - )は、 イギリス ロンドン出身のミュージシャン 、音楽プロデューサー、および発明家。
 24  ジェームス・ナスミスWikipedia
ジェームス・ナスミス(James Hall Nasmyth 、綴りはNaesmyth, またはNasmith, Nesmythとも。1808年8月19日 – 1890年3月7日)は、イギリスの技術者、発明家。蒸気ハンマーの発明で知られる。日本語表記はジェームス・ネイスミスとも。
 25  ダドリー・ノースWikipedia
ダドリー・ノース(Sir Dudley North、1641年5月16日 - 1691年12月31日)は、イギリスの経済学者である。ノース男爵の四男として、ウエストミンスターで生まれた。また、長期議会の一員であり、Passages relating to the Long Parliamentを出版した。[2]
 26  ホレーショ・バーバーWikipedia
ホレーショ・バーバー(Horatio Claude Barber 、1875年 - 1964年)はイギリスの航空のパイオニアである。1909年にエアロノーチカル・シンジケート・リミテッド(Aeronautical Syndicate Limited )を設立し、ヴァルキリーという航空機のシリーズを製作した。1911年、イギリスでShorehamからHoveまで電球のケースを運び、飛行機が緊急の荷物や手紙を運ぶのに役立つことを示した。
 27  トーマス・バーバリーWikipedia
トーマス・バーバリー(Thomas Burberry、1835年8月27日 - 1926年4月4日)は、イギリス最大のファッションブランドのひとつであるバーバリーを創業した実業家。
 28  マイケル・トーマス・バス Jr.Wikipedia
マイケル・トーマス・バス(英: Michael Thomas Bass、1799年7月6日 - 1884年4月29日)はイギリスのビール醸造業者、 庶民院の議員。彼のリーダーシップの下、バス・ブリュワリー(英語版)は世界最大のビール醸造業者となり、イギリスで最も有名なブランドとなった。バスは1847年から1887年の間、自由党の一員として庶民院でダービーの代表を務め、ビール醸造産業の有力な代弁者となった。彼は自社が本拠地とするバートン・アポン・トレント(英語版)およびダービーの、気前の良い後援者だった。
 29  ジョージ・ハドソンWikipedia
ジョージ・ハドソン(George Hudson、1800年3月10日(推定) - 1871年12月14日)は、「鉄道王」と呼ばれたイギリスの鉄道投資家である。イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー州(East Riding of Yorkshire)の、スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)の北、ヨーク(York)の東、スクレイングハム(Scrayingham)教区のホーシャム(Howsham)に生まれた。スクレイングハムに埋葬されている。1815年、15歳の時に、子供ができたことで不興を被って自分の生まれた村を飛び出した。
 30  ニコラス・バーボンWikipedia
ニコラス・バーボン(Nicholas Barbon、フルネーム:Nicholas Unless-Jesus-Christ-Had-Died-For-Thee-Thou-Hadst-Been-Damned Barbon、1640年 - 1698年)は、イギリスの経済学者、医師、金融投機家である。重商主義者であり、自由市場の最初の支持者の一人とされる。世界初の火災保険会社の創設者としても著名である。
 31  セシル・ハームズワース (初代ハームズワース男爵)Wikipedia
初代ハームズワース男爵セシル・ビショップ・ハームズワース(英: Cecil Bisshopp Harmsworth, 1st Baron Harmsworth、1869年9月23日 - 1948年8月13日)は、イギリスの政治家、貴族。
 32  フレデリック・ハワード (実業家)Wikipedia
サー・フレデリック・ハワード(Sir Frederick Howard DL JP、1827年9月28日 - 1915年1月6日)は、イギリスの実業家で、兄ジェームズ ・ハワード(英語版)とともにジェームズ・アンド・フレデリック・ハワード(英語版)社をベッドフォードに設立した。
 33  トーマス・ハンブリーWikipedia
トーマス・ハンブリー(Sir Thomas Hanbury、1832年6月21日 – 1907年3月9日)は、イギリスの商人、園芸家、慈善家である。イタリアのヴェンティミーリアに植物園、ボタニチ・アンブルイ庭園を創立した。
 34  アンジェラ・ビーズリーWikipedia
アンジェラ・ビーズリー・スターリング(Angela Beesley Starling, 1977年8月3日 - )は、イギリスのインターネット企業家。ウィキメディア財団の元ボランティアユーザー代表。
 35  ジョン・ヒューズ (実業家)Wikipedia
ジョン・ジェイムズ・ヒューズ(John James Hughes; キリル文字: Джон Джеймс Юз) (1814年 – 1889年6月17日) は、ウェールズ人の技術者、実業家でドネツィク市の創設者であった。ドネツィクは当初、ヒューズの名前から採ってユゾフカ(ロシア語: Юзовка)と呼ばれたが(ラテン文字でHughesovka、Yuzovka)、1924年にスターリノ(Сталино)に改名された(1961年に再び改名されドネツィクになった)。 [2]
 36  チャールズ・フェアリーWikipedia
チャールズ・フェアリー(Charles Richard Fairey 、1887年5月5日 - 1956年9月30日)はイギリスの航空機メーカー、フェアリーの創設者である。
 37  ジョン・ブラックWikipedia
ジョン・ポール・ブラック卿 (Sir John Paul Black, 1895年2月10日 - 1965年12月24日)は、スタンダード=トライアンフ自動車などイギリスの自動車産業においていくつもの重要な地位にいた人物。
 38  レオナルド・ブラバトニックWikipedia
レオナルド・ブラバトニック(Leonard Valentinovich Blavatnik、1957年6月14日 - )は旧ソ連 ウクライナ生まれの米国人投資家、経営者、資産家、慈善活動家。
 39  リチャード・ブランソンWikipedia
サー・リチャード・チャールズ・ニコラス・ブランソン(Sir Richard Charles Nicholas Branson, 1950年7月18日 - )は、イギリスの実業家。コングロマリット、ヴァージン・グループの創設者で会長を務める。
 40  フランシス・ベアリング (初代準男爵)Wikipedia
初代準男爵サー・フランシス・ベアリング(英: Sir Francis Baring, 1st Baronet、1740年4月18日 - 1810年9月12日)は、イギリスの銀行家、政治家。
 41  アースキン・ベヴァリッジWikipedia
アースキン・ベヴァリッジ(Erskine Beveridge, FRSE FSA(Scot)、1851年12月27日 - 1920年8月10日)は、スコットランドの織物製造業者、歴史家、好古家 (Antiquarian)。ベヴァリッジが所有していたアースキン・ベヴァリッジ社 (Erskine Beveridge & Co. Ltd.) は、彼の父が1832年に創業した、ファイフのダンファームリンでは最大手のリンネル(リネン)製造業者であった。ベヴァリッジはスコットランド各地を広く旅行し、多数の写真を撮影するとともに、スコットランドの歴史や考古学に関する学術的な書籍も数冊出版した
 42  フレッド・ペリーWikipedia
フレッド・ペリー(Fred Perry, 1909年5月18日 - 1995年2月2日)は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。
 43  ルース・ベルヴィルWikipedia
エリザベス・ルース・ナオミ・ベルヴィル(Elizabeth Ruth Naomi Belville 1854年3月5日 – 1943年12月7日)はグリニッジ・タイム・レディの名でも知られる、ロンドン出身の実業家である。ルースとその母マリア・エリザベス、父であるジョン・ヘンリーは自分たちの客に時を売った。その仕事は、まずグリニッジ天文台で標準時に自分の時計をあわせ、客にその時計を見せて料金をとるという仕組みだった。
 44  ウォルター・オーウェン・ベントレーWikipedia
ウォルター・オーウェン・ベントレー(Walter Owen Bentley 、W.O.、1888年9月16日-1971年8月13日)はベントレーの創業者で、イギリスの自動車の先駆者、エンジン技術者である。
 45  ジョセフ・ホイットワースWikipedia
サー・ジョセフ・ホイットワース準男爵(英: Sir Joseph Whitworth, 1st Baronet、1803年12月21日 – 1887年1月22日)は、イギリスの技術者、起業家。ウィットウォースとも表記される。近代的な精密工作技術の発展に貢献し、ウィットねじ(BSW)として知られる世界初のねじ規格を考案した。兵器製造でも知られている。
 46  スタンリー・ボールドウィンWikipedia
初代ボールドウィン・オブ・ビュードレー伯爵(英語版)スタンリー・ボールドウィン(英: Stanley Baldwin, 1st Earl Baldwin of Bewdley, KG, PC, JP, FRS、1867年8月3日 - 1947年12月14日)は、イギリスの保守党の政治家、実業家。首相を務め(在任期間 第1次内閣:1923年 - 1924年、第2次内閣:1924年 - 1929年、挙国一致内閣:1935年 - 1937年)、そして自らの功績により初代「ビュードレーのボールドウィン伯」に叙される。
 47  マシュー・ボールトンWikipedia
マシュー・ボールトン (Matthew Boulton ([ˈboʊltən] 1728年9月3日 - 1809年8月18日) はイングランドの工場経営者、実業家である。没後、王立協会フェローの称号を受ける。
 48  ローレンス・ホルトWikipedia
ローレンス・ホルト(Lawrence Durning Holt、1882年11月17日 - 1961年)は、海運会社ブルーフンネル・ラインの関係者で、著名な教育者クルト・ハーンと共に1941年、アウトワード・バウンドの共同創設者となった。ヒートコート(1971年)によれば、「5年間の間、彼は学校の負債をすべて肩代わりし、教員スタッフと経理を支え続けた。時の経過につれ、アウトワード・バウンドスクールの発展が軌道に乗ってきた頃、アウトワード・バウンドトラストは確実なその仕事を続けていくことができるようになったのである。」 (p. 6).
 49  クレイグ・ポロックWikipedia
クレイグ・ポロック(Craig Pollock、1956年2月20日 - )は、スコットランドフォルカーク出身の実業家、マネージャー。2012年現在はF1用エンジンの開発を行うP.U.R.E. (en:Propulsion Universelle et Recuperation d'Energie) 社の代表を務める。
 50  マイケル・マークスWikipedia
マイケル・マークス(英: Michael Marks、1859年 - 1907年12月31日)は、イギリスの実業家。
 51  ジェームズ・マーティン (エンジニア)Wikipedia
ジェームズ・マーティン(Sir James Martin CBE DSc CEng FIMechE FRAeS、1893年9月11日 - 1981年1月5日)は、イギリスの技術者、企業家である。1934年にヴァレンタイン・ベーカーとともに航空機メーカー、マーチンベーカー・エアクラフトを創立した。マーティン・ベーカーは現在、射出座席のトップメーカーである。
 52  ロバート・マクスウェルWikipedia
ロバート・マクスウェル(Ian Robert Maxwell, 1923年6月10日 - 1991年11月5日)は、チェコスロバキア出身のイギリスの実業家・国会議員。貧しい移民の身から一代でメディア帝国を築き上げたメディア王として知られ、ルパート・マードックの長年のライバルだった。
 53  サイモン・マークス (初代ブロートンのマークス男爵)Wikipedia
初代ブロートンのマークス男爵、サイモン・マークス(英: Simon Marks, 1st Baron Marks of Broughton、1888年7月9日 - 1964年12月8日)は、イギリスの実業家、貴族。
 54  クリストファー・マクドナルド (実業家)Wikipedia
クリストファー・W・マクドナルド (英語: Christopher W McDonald、1931年12月13日 - 2011年12月2日) は、イングランド・ロンドン出身の実業家、サッカー選手。
 55  ブライアン・マクブライド (実業家)Wikipedia
ブライアン・ジェームズ・マクブライド(1955年10月15日 - )は、イギリス(スコットランド)の実業家。オンラインファッション小売業の「ASOS.com」の会長とトライアスロンやサイクリングの道具のネット販売事業を手掛ける企業「Wiggle Ltd」の会長。彼は過去にスラウに拠点を置く英国のAmazon.co.ukで社長を務めていた。
 56  マルコム・マクラーレンWikipedia
マルコム・ロバート・アンドリュー・マクラーレン(Malcolm Robert Andrew McLaren、1946年1月22日 - 2010年4月8日)はイギリスのロックバンドのマネージャー、ファッションデザイナー、ミュージシャン、起業家。セックス・ピストルズおよびニューヨーク・ドールズの仕掛人として知られる。
 57  トム・マシュラーWikipedia
トム・マシュラー(Tom Maschler、1933年8月16日 - )はイギリスの編集者、出版人。
 58  ジェームス・マセソンWikipedia
初代准男爵、サー・ジェームス・ニコラス・サザーランド・マセソン(英語: Sir James Nicolas Sutherland Matheson, 1st Baronet、中国語: 詹姆士·馬地臣(勿地臣)、1796年11月17日 - 1878年12月31日)はイギリス・スコットランドの実業家。
 59  キャメロン・マッキントッシュWikipedia
キャメロン・マッキントッシュ(Sir Cameron Mackintosh, 1946年10月17日 - )はイギリスのミュージカルプロデューサー。世界を代表する演劇製作者のひとりである。
 60  アーネスト・メジャーWikipedia
アーネスト・メジャー(Ernest Major ,1841年 - 1908年)はイギリスの貿易商で、中国における近代的新聞の創設者である。
 61  アルジャーノン・メシュエンWikipedia
アルジャーノン・メシュエン(Algernon Methuen、1856年2月23日 - 1924年9月20日)はイギリスの実業家。メシュエン​​パブリッシングの創始者。
 62  ブライアン・ギネス (第2代モイン男爵)Wikipedia
第2代モイン男爵ブライアン・ウォルター・ギネス(英語: Bryan Walter Guinness, 2nd Baron Moyne、1905年10月27日 - 1992年7月6日)は、イギリスの実業家、貴族。
 63  ウィリアム・モリス (初代ナフィールド子爵)Wikipedia
初代ナフィールド子爵ウィリアム・リチャード・モリス(William Richard Morris, 1st Viscount Nuffield 、1877年10月10日–1963年8月22日) は、モーリス自動車会社の創立者であり、慈善家である。
 64  マイケル・モリッツWikipedia
マイケル・モリッツ(Sir Michael Moritz KBE、1954年9月12日 - )は、イギリス・ウェールズ出身のベンチャーキャピタリスト。米セコイア・キャピタルのチェアマンであり、Googleの前取締役。
 65  ピーター・モリニューWikipedia
ピーター・モリニュー (Peter Molyneux、1959年5月5日 - )は、イギリス、ギルフォード生まれのゲームデザイナー、ゲームプログラマーである。
 66  サミュエル・モンタギューWikipedia
初代スウェイスリング男爵サミュエル・モンタギュー、あるいはモンタギュー・サミュエル(Samuel Montagu, 1st Baron Swaythling, 1832年12月21日 - 1911年1月12日)はイギリスの銀行家。
 67  ルードウィッヒ・モンドWikipedia
ルードウィッヒ・モンド(Ludwig Mond, 1839年3月7日 - 1909年12月11日)は、ドイツ出身のイギリスの化学者・実業家。イギリスの実業家・政治家のアルフレッド・モンド(英語版)の父親でもある。
 68  ウィリアム・ライオンズWikipedia
ウィリアム・ライオンズ(英: William Lyons、1901年9月4日 – 1985年2月8日)は、ジャガー・カーズの創業者である。
 69  アーノルド・スティーヴンソン・ラウントリーWikipedia
アーノルド・スティーヴンソン・ラウントリー(Arnold Stephenson Rowntree、1872年11月28日 - 1951年5月21日)は、クエーカーで、自由党に所属した、イングランドのシティ・オブ・ヨーク選挙区(英語版)選出の庶民院議員。
 70  シーボーム・ラウントリーWikipedia
ベンジャミン・シーボーム・ラウントリー(Benjamin Seebohm Rowntree CH、1871年7月7日 – 1954年10月7日)は、イングランドの社会調査家、社会改革家、実業家。特に、1899年、1935年、1951年の三次にわたって行われたヨークにおける調査で知られている。
 71  ジョセフ・ラウントリー (実業家)Wikipedia
ジョセフ・ラウントリー(Joseph Rowntree、1836年5月24日 - 1925年2月24日)は、イングランドのヨーク出身のクエーカーの実業家、慈善家。おそらくラウントリーは、卓越した社会改革家として、チャールス・ブースの協力者、友人として、また、当時はラウントリー家の家業であり、イギリスを代表するチョコレート製造業者のひとつとなったラウントリーズの経営者として、最もよく知られていた。有力な実業家であったラウントリーは、従業員の生活の質の改善に深く関心を寄せており、それを契機として慈善家となり、数多くのチャリティー活動に関わった。
 72  ジョセフ・ラウントリー (教育者)Wikipedia
ジョセフ・ラウントリー(Joseph Rowntree、1801年6月10日 - 1859年11月4日)は、イングランドの教育者、商店経営者。
 73  ジョン・ウィルヘルム・ラウントリーWikipedia
ジョン・ウィルヘルム・ラウントリー(John Wilhelm Rowntree、1868年9月4日 - 1905年3月9日)は、イングランドのチョコレート・菓子製造業者で、クエーカーに属する宗教活動家、改革者[2]。
 74  ジョン・スティーヴンソン・ラウントリーWikipedia
ジョン・スティーヴンソン・ラウントリー(John Stephenson Rowntree、1834年5月2日 - 1907年4月13日)は、ヨークの製菓会社ラウントリーズの役員、イギリスにおけるクエーカー運動の改革者。
 75  ヘンリー・アイザック・ラウントリーWikipedia
ヘンリー・アイザック・ラウントリー(Henry Isaac Rowntree、1837年 – 1883年)は、イギリス最大級の菓子メーカーのひとつであるラウントリーズ (Rowntree's) の創業者。
 76  キット・ランバートWikipedia
キット・ランバート(Kit Lambert、本名:Christopher Sebastian Lambert、1935年5月11日 - 1981年4月7日[2][注釈 1])は、イギリスの音楽業界人。ロックバンド、ザ・フーのマネージャーおよび音楽プロデューサーとして最も有名。
 77  イアン・リビングストンWikipedia
イアン・リビングストン(Ian Livingstone, 1949年 - )は、イギリスの企業家、ゲームデザイナー。
 78  トーマス・リプトンWikipedia
トーマス・ジョンストン・リプトン(Sir Thomas Johnstone Lipton 1st Baronet, 1848年[注 1]5月10日 - 1931年10月2日)は、英国の紅茶ブランド「リプトン」の創業者。当時としては画期的な流通を実現し「紅茶王」と称された。
 79  マーティン・リーチWikipedia
マーティン・リーチ(Martin R. Leach)は、イギリス出身の実業家である。現在は同国の自動車関連のコンサルティング会社、マグマ・グループの設立者で会長を務めている。
 80  フレデリック・ヘンリー・ロイスWikipedia
シートンの初代準男爵、サー・フレデリック・ヘンリー・ロイス(Sir Frederick Henry Royce, 1st Baronet of Seaton 、1863年3月27日 - 1933年4月22日)は、ロールス・ロイスの創業者の一人で、イギリスの自動車の先駆者である。
 81  アリオット・ヴァードン・ローWikipedia
アリオット・ヴァードン・ロー(Sir Edwin Alliott Verdon Roe 、1877年4月26日-1958年1月4日)はイギリスの航空エンジニア、企業家。自作の飛行機で自国の空を飛んだ最初のイギリス人と言われる(ただしローの1908年6月8日の飛行は非公式である。詳細は後述)。通称A・V・ロー。ロウとも表記。1910年に自らの名を取ったアブロを創立したことにより、イギリス航空産業の草分けとなった。1929年、ナイトに叙せられた。
 82  アルフレッド・ローソンWikipedia
アルフレッド・ウィリアム・ローソン(英語: Alfred William Lawson 、1869年3月24日 ‐ 1954年11月29日)は、イギリスのロンドン生まれのプロ野球選手、マネージャー、リーグ興業者。またアメリカ合衆国へと渡り、2冊の航空業界誌を出版したアメリカの航空機産業のパイオニア的存在でもある。1904年にはエドワード・ベラミーのユートピア文学『顧みれば』の影響を受けて"Born Again"という小説の出版もしている。
 83  チャールズ・ロールズWikipedia
チャールズ・スチュアート・ロールズ(英: Charles Stewart Rolls 、1877年8月27日 - 1910年7月12日)は自動車と航空機の先覚者。彼はフレデリック・ヘンリー・ロイスと共同で、自動車製造会社のロールス・ロイスを設立した。彼はイングランドのボーンマス近くで実演飛行中、乗機ライトフライヤー号の尾部が破断して墜落し、飛行機事故で死亡した最初のイギリス人となった。32歳だった。
 84  ハロルド・ハームズワース (初代ロザミア子爵)Wikipedia
初代ロザミア子爵ハロルド・ハームズワース(英: Harold Harmsworth, 1st Viscount Rothermere, PC、1868年4月26日 – 1940年11月26日)は、イギリスの実業家、政治家、貴族。
 85  ヴィアー・ハームズワース (第3代ロザミア子爵)Wikipedia
第3代ロザミア子爵ヴィアー・ハロルド・エズモンド・ハームズワース(英: Vere Harold Esmond Harmsworth, 3rd Viscount Rothermere、1925年4月27日 – 1998年9月1日)は、イギリスの貴族、実業家、政治家。
 86  ネイサン・メイアー・ロスチャイルドWikipedia
ネイサン・メイアー・ロスチャイルド(Nathan Mayer Rothschild, 1777年9月16日 - 1836年7月28日)は、ドイツ出身のイギリスの銀行家。ドイツ語読みではナータン・マイアー・ロートシルトと読む。
 87  エヴェリン・ロバート・ド・ロスチャイルドWikipedia
サー・エヴェリン・ロバート・エイドリアン・ド・ロスチャイルド(英: Sir Evelyn Robert Adrian de Rothschild、1931年8月29日 - )は、イギリスの銀行家、実業家。
 88  エドムンド・ド・ロスチャイルドWikipedia
エドムンド・レオポルド・ド・ロスチャイルド少佐(英: Major Edmund Leopold de Rothschild, CBE, TD、1916年1月2日 - 2009年1月17日)は、イギリスの銀行家、実業家、軍人。
 89  ジェイコブ・ロスチャイルド (第4代ロスチャイルド男爵)Wikipedia
第4代ロスチャイルド男爵ナサニエル・チャールズ・ジェイコブ・ロスチャイルド(英語: Nathaniel Charles Jacob Rothschild, 4th Baron Rothschild, OM, GBE, FBA、1936年4月29日 - )は、イギリスの貴族、銀行家、政治家、慈善家。
 90  アニータ・ロディックWikipedia
アニータ・ロディック(Dame Anita Lucia Roddick, DBE, 1942年10月23日 - 2007年9月10日)は、イギリスの女性実業家。ザ・ボディショップの創設者である。
 91  ニコラ・ロバーツWikipedia
ニコラ・マリア・ロバーツ(1985年10月5日 - )はイギリスのガールグループガールズ・アラウドの元メンバー。
 92  ウィリアム・アームストロング (初代アームストロング男爵)Wikipedia
初代アームストロング男爵ウィリアム・ジョージ・アームストロング(英: William George Armstrong, 1st Baron Armstrong、1810年11月26日 – 1900年12月27日)は、イギリスの発明家、実業家。アームストロング砲の開発で知られ、アームストロング・ホイットワース社の前身であるW.G.アームストロング社を創設した。
 93  エドワード・ギネス (初代アイヴァー伯爵)Wikipedia
初代アイヴァー伯爵エドワード・セシル・ギネス(英語: Edward Cecil Guinness, 1st Earl of Iveagh, KP, GCVO, FRS、1847年11月10日 - 1927年10月7日)は、イギリスの実業家、貴族。
 94  ルパート・ギネス (第2代アイヴァー伯爵)Wikipedia
第2代アイヴァー伯爵ルパート・エドワード・セシル・リー・ギネス(英語: Rupert Edward Cecil Lee Guinness, 2nd Earl of Iveagh, KG, CB, CMG, FRS, DL、1874年3月29日 - 1967年9月14日)は、イギリスの実業家、政治家、慈善家、貴族。
 95  アレクサンダー・ベアリング (第6代アシュバートン男爵)Wikipedia
第6代アシュバートン男爵アレクサンダー・フランシス・セント・ヴィンセント・ベアリング(英: Alexander Francis St Vincent Baring, 6th Baron Ashburton, KG, KCVO, KStJ, DL、1898年4月7日 - 1991年6月12日)は、イギリスの銀行家、実業家、貴族、政治家。
 96  ジョン・ベアリング (第7代アシュバートン男爵)Wikipedia
第7代アシュバートン男爵ジョン・フランシス・ハーコート・ベアリング(英: John Francis Harcourt Baring, 7th Baron Ashburton, KG, KCVO, DL、1928年11月2日 -)は、イギリスの銀行家、実業家、貴族、政治家。
 97  ヘンリー・スペンサー・アシュビーWikipedia
ヘンリー・スペンサー・アシュビー(Henry Spencer Ashbee, 1834年4月21日 – 1900年7月29日)は、イギリスの実業家、書誌学者。エロティカの蒐集家として知られる他、『我が秘密の生涯』(My Secret Life)の著者の可能性が高い人物としてしばしば名前が挙げられる。
 98  ニール・アスピノールWikipedia
ニール・アスピノール(Neil Aspinall, 1941年10月13日 - 2008年3月23日)はイギリス の音楽業界関係者。ビートルズが設立した「アップル・コア」を運営し、「5人目のビートルズ」と称されることもあった。
 99  ジョン・ネヴィル (第5代アバーガヴェニー侯爵)Wikipedia
第5代アバーガヴェニー侯爵ジョン・ヘンリー・ガイ・ネヴィル(英: John Henry Guy Nevill, 5th Marquess of Abergavenny, KG, OBE, KStJ、1914年11月8日 - 2000年2月23日)は、イギリスの貴族、軍人、政治家、実業家、銀行家。
 100  モハメド・アルファイドWikipedia
モハメド・アルファイド(アラビア語: محمد الفايد‎ムハンマド・アル=ファーイド、Mohamed Al-Fayed, 1933年1月27日 – )は、エジプトアレクサンドリア生まれの実業家。1985年にイギリスの代表的デパートであるハロッズの経営者となり、同じくデパートのナイツブリッジも所有している。また、フラムFCのオーナーも務めていた。
 101  ウィリアム・アロルWikipedia
サー・ウィリアム・アロル(Sir William Arrol、1839年2月13日 - 1913年2月20日)は、スコットランド出身の土木技術者、橋梁建造者、また自由統一党の政治家。1839年、紡績工の息子としてレンフルーシャー州ヒューストン(英語版)で生まれ、僅か9歳で綿糸工場で働き始めた。13歳までに鍛冶工としての訓練を開始し、機械工学と水力学を学ぶため夜学に通った。1863年グラスゴーの橋梁製作会社に就職したが、1872年までにダルマーノック(英語版)の町の東はずれに自身の鉄工所ダルマーノック・アイアン・ワークス(Dalmarnock Iron Works) を立上げた。1870年代末、彼は国際的な土木ビジネスを主導するサー・ウィリアム・アロル・アンド・カンパニー(英語版) [3] (以下「アロル社」)の設立に至った。
 102  ジョン・インズWikipedia
ジョン・インズ(John Innes[2]、1829年1月20日 - 1904年8月8日)は、イングランドの不動産開発業者、慈善活動家。1860年代から当時のサリー州マートン(現在のマートン・ロンドン特別区の一部)で田園郊外マートン・パークの開発にあたった。インズは遺言により、まとまった基金と、マートンにあった屋敷の一部を遺し、園芸学の研究施設を設立させた。このジョン・インズ・センター(英語版)は、現在もインズの名を残している。
 103  ジェームズ・ハーバート・ヴィーチWikipedia
ジェームズ・ハーバート・ヴィーチ(James Herbert Veitch F.L.S., F.R.H.S.、1868年5月1日 – 1907年11月13日)は、イギリスの園芸家である。有名な園芸商、ヴィーチ商会を経営したヴィーチ家の一族である。
 104  トニー・ウィーラーWikipedia
トニー・ウィーラー(Tony Wheeler、1946年12月20日 - )は旅行ガイドブックのロンリープラネットの創業者で社長。
 105  フランク・ウィリアムズWikipedia
フランク・ウィリアムズ(Frank Williams )ことサー・フランシス・オーウェン・ガーバット・ウィリアムズ(Sir Francis Owen Garbett Williams 、CBE、1942年4月16日 - )はウィリアムズF1チームの創設者兼マネージャーである。ニックネームは、「車椅子の闘将」、古館伊知郎からは「F1界の星一徹」と呼ばれた。
 106  デイヴィッド・ヘネシー (第3代ウィンドルシャム男爵)Wikipedia
第3代ウィンドルシャム男爵デイヴィッド・ジェイムズ・ジョージ・ヘネシー(英: David James George Hennessy, 3rd Baron Windlesham, CVO, PC、1932年1月28日 - 2010年12月21日)は、イギリスの政治家、実業家、貴族、陸軍軍人。
 107  ジェラルド・グローヴナー (第6代ウェストミンスター公爵)Wikipedia
第6代ウェストミンスター公爵ジェラルド・キャヴェンディッシュ・グローヴナー(英: Gerald Cavendish Grosvenor, 6th Duke of Westminster, KG, CB, CVO, OBE, TD, DL, CD、1951年12月22日 - 2016年8月9日)は、イギリスの貴族、大地主、陸軍軍人、政治家。
 108  トム・ウォーキンショーWikipedia
トム・ウォーキンショー(Tom Walkinshaw 、1946年11月17日 - 2010年12月12日)は、スコットランド・ミッドロージアン生まれのレーシングドライバー、実業家。日本ではドライバーとしてよりもレーシングチームのオーナー・マネージャーとして有名である。
 109  マイケル・ウッドフォードWikipedia
マイケル・ウッドフォード(Michael C. Woodford、1960年6月12日 - )は、イングランド出身の実業家である。
 110  バーニー・エクレストンWikipedia
バーナード・チャールズ “バーニー”・エクレストン(Bernard Charles "Bernie" Ecclestone、1930年10月28日 - )は、イギリス、サフォーク州イプスウィッチ出身の実業家で元フォーミュラ1ドライバーである。
 111  ブライアン・エプスタインWikipedia
ブライアン・サミュエル・エプスタイン(Brian Samuel Epstein, 1934年9月19日 - 1967年8月27日)は、イギリスのビジネスマン。
 112  ジョージ・リチャーズ・エルキントンWikipedia
ジョージ・リチャーズ・エルキントン(George Richards Elkington、1801年10月17日 – 1865年9月22日)は、イングランド、バーミンガムの製造業者。エルキントンは、商業的採算がとれるものとしては最初の電気めっき技術の特許を取得した。
 113  ジョン・エレンビーWikipedia
ジョン・エレンビー(John Ellenby、1941年1月9日 - 2016年8月17日)は、イギリスの実業家、開発者であり、グリッド・システムズ・コーポレーションの創業者、ジオヴェクター・コーポレーションの共同設立者の一人である。「ノートパソコンの父」と呼ばれている[2]。
 114  ハーバート・オースチンWikipedia
ハーバート・オースチン(Herbert 'PA' Austin, 1st Baron Austin KBE 1866年11月8日 - 1941年5月23日)は、20世紀前半に活躍した英国の自動車設計技師、自動車製造会社経営者。
 115  デイヴィッド・オグルヴィWikipedia
デイヴィッド・マッケンジー・オグルヴィ(David Mackenzie Oglivy、1911年6月23日 - 1999年7月21日)は、イギリスの広告会社、WPPの幹部にして、社長だった人物である。一般的には「広告の父」と呼ばれる。
 116  エドモンド・カートライトWikipedia
エドモンド・カートライト(Edmund Cartwright, 1743年4月24日 - 1823年10月30日)は、イギリスの牧師、実業家、発明家。特に自動織機(力織機)の開発で名高く、イギリスの産業革命に貢献した。
 117  ウィリアム・ギブズ (実業家)Wikipedia
ウィリアム・ギブズ(英: William Gibbs、1790年5月22日 - 1875年4月3日)はスペイン・マドリード出身のイングランドの実業家で、アントニー・ギブズ&サンズ(英語版)(英: Antony Gibbs & Sons)の共同設立者3人に名を連ねている。また宗教的篤志家や、ノース・サマセット・ラクソールにあるカントリー・ハウス、ティンツフィールドの開発者として知られている。
 118  エグバート・キャドバリーWikipedia
サー・エグバート・キャドバリー(Sir Egbert Cadbury, DSC, DFC、1893年 - 1967年)は、第一次世界大戦中に北海上空で2機のドイツ帝国のツェッペリン飛行船2機を撃墜したイギリス空軍の戦闘機パイロット、最終階級は准将、後には実業家としても活躍した。
 119  エドワード・キャドバリーWikipedia
エドワード・キャドバリー(Edward Cadbury、1873年 - 1948年11月21日)は、イギリスの実業家、慈善活動家。
 120  ジョージ・キャドバリーWikipedia
ジョージ・キャドバリー(George Cadbury、1839年9月19日 – 1922年10月24日)は、イギリスの実業家。クエーカーでキャドバリーのココアとチョコレートの事業を創業したジョン・キャドバリーの3男であり、その事業を継承発展させた。
 121  ジョン・キャドバリーWikipedia
ジョン・キャドバリー(John Cadbury、1801年8月12日 - 1889年5月11日)は、イングランド中部バーミンガムで小さなチョコレート製造業を興した実業家。ジョン・キャドバリーが創業した事業は、後に息子たちの代以降に、世界最大級のチョコレート製造業者キャドバリー社の一部となった。ジョン・キャドバリーは、固形のチョコレートを製造するために必要な乳化加工の技法を開発し、今日のチョコレート・バーを生み出した。
 122  ピーター・キャドバリーWikipedia
ピーター・エグバート・キャドバリー(Peter Egbert Cadbury、1918年2月6日 – 2006年4月17日)は、イギリスの実業家。
 123  リチャード・キャドバリーWikipedia
リチャード・キャドバリー(Richard Cadbury、1835年8月29日 – 1899年3月22日)は、イギリスの実業家。クエーカーでキャドバリーのココアとチョコレートの事業を創業したジョン・キャドバリーの次男。
 124  エドワード・チャールズ・キルビーWikipedia
エドワード・チャールズ・キルビー(Edward Charles Kirby, 生年不詳 - 1883年)は、幕末から明治の日本で活動したイギリス出身の実業家。神戸における近代造船業の祖。
 125  トマス・クーツWikipedia
トマス・クーツ(Thomas Coutts ,1735年9月7日 - 1822年2月24日) はイングランド系スコットランド人の銀行家であり、クーツ銀行の創設者である。
 126  トーマス・クックWikipedia
トーマス・クック(Thomas Cook, 1808年11月22日 – 1892年7月18日)は、イギリス・ダービーシャー州メルボルン(英語版)出身の実業家。自らの名前を冠した旅行代理店であるトーマス・クック・グループの創業者、近代ツーリズムの祖として知られる。
 127  ジョン・グラッドストン (初代准男爵)Wikipedia
初代准男爵サー・ジョン・グラッドストン(英語: Sir John Gladstone, 1st Baronet, FRSE、1764年12月11日 - 1851年12月7日)は、イギリスの政治家、貿易商、黒人奴隷農場主。
 128  マシュー・クラドックWikipedia
マシュー・クラドック(英: Matthew Cradock、綴りはCraddockも Craddockeもある、1641年5月27日死去)は、ロンドンの商人、政治家であり、マサチューセッツ湾会社初代総督を務めた。1628年に設立されたマサチューセッツ湾会社は、マサチューセッツ湾植民地を編成し設立したピューリタン実業家の組織だった。クラドックは植民地を訪れたことが無かったが、そこでの土地と事業を所有し、ロンドンでその利益のために行動した。その事業と交易帝国は少なくとも18隻の船舶を所有し、西インド諸島と北アメリカからヨーロッパ、近東にまで及んだ。タバコの交易を支配した人物だった。
 129  トーマス・ブレーク・グラバーWikipedia
トーマス・ブレーク・グラバー(英: Thomas Blake Glover、1838年6月6日 - 1911年12月16日)はスコットランド出身の商人。武器商人として幕末の日本で活躍した。日本で商業鉄道が開始されるよりも前に蒸気機関車の試走を行い、長崎に西洋式ドックを建設し造船の街としての礎を築くなど日本の近代化に大きな役割を果たした。維新後も日本に留まり、高島炭鉱の経営を行った。造船、採炭、製茶貿易業を通して、日本の近代化に貢献。国産ビールの育ての親。
 130  アーサー・ヘスケス・グルームWikipedia
アーサー・ヘスケス・グルーム(Arthur Hesketh Groom、1846年9月23日(弘化3年8月3日) - 1918年(大正7年)1月9日)は、幕末から明治にかけて日本で活躍したイギリス出身の実業家。六甲山の開発と景観保護に力を注ぎ、「六甲山開祖」と呼ばれた。
 131  トーマス・グレシャムWikipedia
トーマス・グレシャム(Sir Thomas Gresham, 1519年 - 1579年11月21日)は、イギリスの財政家、貿易商。
 132  ドナルド・クローハーストWikipedia
ドナルド・チャールズ・アルフレッド・クローハースト(英: Donald Charles Alfred Crowhurst、1932年 - 1969年7月1日頃)は、イギリスの実業家、電気技師、バラ議会議員、アマチュアセーラー。サンデー・タイムズ紙が主催した、単独無寄港世界一周ヨットレース・ゴールデン・グローブ・レース(英語版)中に失踪したことで知られる。クローハーストは、レースの優勝賞金を自身の事業の失敗の穴埋めに使うことを目論んでこのレースに参加したが、実際にはレース序盤で様々な困難に襲われ、世界一周を早々に断念。捏造した航海報告を行い、世界一周をしていないにも拘らず、さも世界一周を達成したかのようにゴールすることを企てた。このことは、クローハーストが大西洋上のヨットから忽然と姿を消し、蛻の殻となったヨットの中から発見された航海日誌によって明るみに出た。そして、この日誌はクローハーストが徐々に正気を失い狂気に蝕まれていく様が克明に記されており、最後にはクローハーストの投身自殺が示唆されていた。
 133  シャーロット・ゲストWikipedia
シャーロット・ゲスト(Lady Charlotte Elizabeth Guest、のちにLady Charlotte Schreiber, 1812年5月19日-1895年1月15日)は、イギリスの実業家・翻訳者。ウェールズ文学およびウェールズ語の研究に大きな成果を残した。「マビノギオン」の初めての英訳で有名である。
 134  サイモン・コーウェルWikipedia
サイモン・コーウェル(Simon Philip Cowell、1959年10月7日 - )はイギリスのソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)の音楽プロデューサーだが、オーディション番組『ポップ・アイドル』『アメリカン・アイドル』『The X Factor』などの審査員でよく知られている。出場者を酷評することで有名。他の番組『America's Got Talent』『American Inventor』『Celebrity Duets』などにも関わっている。コーウェルは音楽界とテレビ界の両方で働いており、パワーレンジャーなどの音楽もプロデュースした。
 135  スティーブ・コーストWikipedia
スティーブ・コースト(英語: Steve Coast、1980年12月20日 - )は、オープンストリートマップ(2004年)とCloudMade(2007年)[3]の創設者である。
 136  ジェームズ・ゴールドスミスWikipedia
ジェームズ・ゴールドスミス(James Michael "Jimmy" Goldsmith、1933年2月26日 - 1997年7月18日)は、フランス生まれで、フランスとイギリスの国籍を持つ億万長者の実業家 、欧州議会議員であり、政財界の大物として知られる。ユダヤ人であり、ロスチャイルド家の親戚である[2]。
 137  フランク・ゴールドスミスWikipedia
フランク・ベネディクト・ハイアム・ゴールドスミス(Francis Benedict Hyam Goldsmith、1878年11月28日 - 1967年2月14日)[2]は、億万長者の実業家であり、イギリスの保守党の政治家である。1910年から1918年まで下院議員を務め、その後フランスとイギリスで高級ホテル王となった。
 138  リチャード・コックスWikipedia
リチャード・コックス(Richard Cocks、1566年1月 - 1624年)は、ステュアート朝イングランド(イギリス)の貿易商人。スタフォードシャー州・ストールブロックの人。江戸時代初期に日本の平戸にあったイギリス商館長(カピタン)を務めた。在任中に記した詳細な公務日記「イギリス商館長日記」(Diary kept by the Head of the English Factory in Japan: Diary of Richard Cocks, 1615-1622)は、イギリスの東アジア貿易の実態や日本国内の様々な史実を伝える一級の史料である。
 139  サムエル・コッキングWikipedia
サムエル・コッキング(Samuel Cocking、1845年(弘化2年)3月- 1914年(大正3年)2月26日)は、英国出身の横浜外国人居留地に在住した貿易商。
 140  ベンジャミン・ゴットWikipedia
ベンジャミン・ゴット (Benjamin Gott 、1762年6月24日 - 1840年2月14日)は産業革命において繊維生産の分野においてを主導した人物の一人である。
 141  リチャード・コブデンWikipedia
リチャード・コブデン(英語: Richard Cobden、1804年6月3日 - 1865年4月2日)は、イギリスの政治家、実業家。
 142  ヴィクター・ゴランツWikipedia
ヴィクター・ゴランツ(Victor Gollancz, 1893年4月9日 - 1967年2月8日)は、イギリスの出版事業家、社会主義者、博愛主義者。
 143  ヴィダル・サスーンWikipedia
ヴィダル・サスーン(Vidal Sassoon、1928年1月17日 - 2012年5月9日)は、イギリス生まれのイスラエル人であり、ヘアドレッサー、実業家である。
 144  ヘンリー・シーボームWikipedia
ヘンリー・シーボーム(Henry Seebohm、1832年7月12日 - 1895年11月26日)は、イギリスの製鉄業経営者、アマチュア鳥類学者、鳥卵学(oology)者である。
 145  ニール・シールズWikipedia
サー・ニール・スタンリー・シールズ(Sir Neil Stanley Shields, OBE, MC、1919年9月7日 - 2002年9月12日)は、イギリスの政治家、実業家。
 146  サイモン・シガースWikipedia
サイモン・アンソニー・シガース(Simon Anthony Segars, 1967年10月17日 - )は、イギリスの実業家。ARMホールディングスのCEO。ドルビーラボラトリーズの社外取締役。2017年5月24日ソフトバンクグループの取締役に内定している。
 147  アレキサンダー・キャメロン・シムWikipedia
アレキサンダー・キャメロン・シム(Alexander Cameron Sim、1840年8月28日 - 1900年11月28日)は、イギリス出身の薬剤師、実業家。スコットランドのアバルー(英語版)出身。19世紀後半に神戸外国人居留地で活動した。
 148  ウィリアム・ジャーディン (船医)Wikipedia
ウィリアム・ジャーディン(英語: William Jardine、中国語: 威廉·渣甸(查顿)、1784年2月24日 - 1843年2月27日)は「イギリス東インド会社」の外科船医。1832年、ジェームス・マセソンと中国の広州(沙面島)に「ジャーディン・マセソン商会」を設立。中国のアヘン貿易にも携わり豪商となるかたわら、第一次アヘン戦争の開始に暗躍した。
 149  クロード・ジョンソンWikipedia
クロード・グッドマン・ジョンソン(Claude Goodman Johnson 、1864年10月24日 - 1926年4月12日)はイギリスの事業家である。
 150  ジェームズ・スターレーWikipedia
ジェームズ・スターレー(James Starley、1830年4月21日 - 1881年6月17日)は英国の発明家。『自転車産業界の父』。英国アルボーンで生まれ、のちコヴェントリーに移る。コヴェントリーで、自転車および三輪車での先進的な貢献をおこなう。オーディナリー型とも言われる前輪の大きなペニー・ファージング型自転車を発明する。息子のウィリアム・スターレーと甥のジョン・ケンプ・スターレーもまたこの分野での貢献を果たしている。ケンプは、セーフティ自転車(安全型自転車)で現代の自転車の標準を作り、その事業は後のローバー自動車につながっていった。
 151  ジョン・ケンプ・スターレーWikipedia
ジョン・ケンプ・スターレー(John Kemp Starley、1854年 - 1901年)は現代自転車の発明者であり、英国自動車ブランド『ローバー』の始祖。
 152  ハワード・ストリンガーWikipedia
ハワード・ストリンガー(Sir Howard Stringer、1942年2月19日 - )は、イギリスのウェールズ出身で、アメリカ合衆国で活躍するジャーナリスト、TVプロデューサー、実業家である。 1985年にアメリカ市民権を取得した。 CBS本社社長、テレ-TV(英語版)の会長兼CEO、ソニー会長兼社長兼CEOなどを歴任した。
 153  ウィリアム・ヘンリー・スミス (1825-1891)Wikipedia
ウィリアム・ヘンリー・スミス(英: William Henry Smith, PC, FRS、1825年6月24日 - 1891年10月6日)は、イギリスの政治家、実業家。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)